PAGE TOP ▲
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い娘の猛烈な発情。必見。

正弘(仮名)は女子校生の香苗(仮名)に淡い思いを抱いていた。

時々街で見かけるだけの存在なのだが、香苗のまだ幼さが残る振る舞いと大人になり始めた体つきの虜になってしまった。

制服の下はどうなっているんだろう。キスはもうしたことがあるのか。オナニーはしたことはあるのか・・・。

正弘の妄想は止まらない。男は一度気になりだしたら妄想と股間の興奮が止まらない生き物なのだ。

あの娘の裸が見たい。もっといえばいやらしい姿だけ見るだけでいい。

とはいえ声を掛けてお付き合いをお願いする勇気、そしてうまくいく可能性は全くない。

たとえ神様のいたずらで奇跡的に香苗から好意を寄せられてもその気持ちに応える覚悟も持ち合わせていない。

付き合う気はないけど彼女のいやらしい所だけ見ていたい。儚いが自分勝手な好意を香苗に抱いている正弘はあるとき決心する。

持っていた媚薬を香苗が乗っている自転車のサドルに塗り込んでみよう。

香苗が自転車を止める場所は既に把握している。女子高生がする事は大体想像がつく。難なく媚薬を塗り、香苗はそれに気づかず自転車に跨り家路につく。

そこで異変が起きた。

香苗が突然道端で止まってしまった。何か股間をサドルに当ててモゾモゾしているが遠くから見ているだけでは何が起こっているのか分からない。

そして次の瞬間正弘は何が起きているか確信した。

香苗の立ち止まっているコンクリートの道路がどんどん深いグレーの色に変わっていく。香苗がおしっこを漏らした。

正弘はこれまで全く湧いてこなかったある種の衝動が香苗のもとへ走らせた。

二人の歪んだ出会いの瞬間である。


コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。