PAGE TOP ▲
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混浴でノリノリ女子集団に遭遇した体験。

卒業旅行で混浴温泉へ行ったときの話、といっても男2人の寂しい1泊2日旅行だけど。

女っ気の全くない男2人のやる事なんて、混浴へ行って若い女の子に遭遇できたらいいなと妄想する程度で、大人の女性からしてみればかわいいかわいい話である。

まあ行ってみたらお年寄りが寛ぐ温泉で、エロい事なんかしてはいけないシチュエーションというオチなんだろうと冷めた気持ちで混浴露天風呂へ行くとビックリ!

若い女性たちだけしかいない・・・。

しかもその女の子たちがとてもエロかった・・・。

みんなバスタオルを取っちゃって、おっぱいとお尻丸出しなんだ。

一瞬で股間は青空を向いてしまった。


女の子たちのおっぱいやお尻を堪能すればいいのに、情けない俺たちは必死で勃起チンポをタオルで隠そうとしている。

やがて向こうが挙動不審な俺たちに気づいたようだ。

ちらっと眼をやると俺たちの股間にくぎ付けになっているではないか!


女の子3人は、「えーっ?!」とか「やだー」と言って笑ってごまかしつつもばっちり見ていた。


俺たちは人前で脱いだりするような人間ではなかったので、女性の裸はどうでもよくて、何とかこの場を逃れようということで頭が一杯になっていた。改めて情けない思いである。

そのうち女たちは連れに狙いを定めたようで、4人がかりでタオルを剥がしてしまったんだ。

そのときお尻が丸見えになり女の子たちから

「きゃーーっ」と声が上がり、俺はなぜだかわからぬまま、頭が真っ白になるほど興奮してしまった。

お姉さんたちは今度は俺に襲い掛かろうとしたが、ぎりぎりのところで難を逃れた。

女の子たちを見るとケラケラと楽しそうに笑ってる。



何を楽しそうに見ているんだと思っていたとき、後ろからきたお姉さんの一人が僕の背後からタオルを一気に奪いとってしまった。


体がすーっと宙に浮くような感じがして、僕の真ん前に座っていた女の子が

「ヤッター!!」と言って勝ち誇った表情をしたんだ。


慌てて手で股間を掴むように隠して周りを見ると、他の女の子も笑っていた。

お姉さんたちは調子に乗って「もっと見せてー」とか言ってたが、俺は足ががくがくするほど興奮して、もうこのまま勃起が収まらないんじゃないかというくらいビンビンになってしまった。


「しっかり見ちゃったよー」

女たち(はじめは女の子と思っていたが、このころは女呼ばわりの気持ちだった)は俺の羞恥心を煽りやがる。



股間はビンビンだけど顔は俯いていた俺の姿が痴女心に火をつけたのだろうか。

射精(だ)さないと体に悪いでしょ?ここで射精(し)ちゃいないよ。

というトンデモナイ提案をしてきた。


たしかに股間はビリビリ痺れてきて、今まで体験したことのない快感を味わっている。

このまま射精したらどんなに気持ちよいだろうかと一瞬よぎった。

だけど理性がそれを許さない。

はっきり返事をしなかったら女の一人が股間をしごき始めた。

ビンビンのちんぽをしごかれたらどうなるかわかってんのかコノ野郎!

頭ではそう思っていても体がもう抵抗できない。

何よりめちゃくちゃ気持ち良いし。

「えっ!?うそ!デカくなかった?もう1回あの勃起が見たい!」 旅行先の混浴温泉でのんびり入浴していたら酔っ払った女子大生集団がなだれ込んで来た!酔っ払っているから無防備で裸が見放題!



女の子監視の中、俺は射精した。

精液は勢いよく飛び、湯船に落下した。

温泉を汚してしまった罪悪感とあのときの射精の快感が今でも俺を悩ませる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。