PAGE TOP ▲
FC2ブログ

現役バリバリの若奥さん。同世代の男のチンポをよってたかって弄ぶ。

「超短期バイト。誰でもできる簡単なお仕事。1時間もかかりません。」

丁度お小遣いを欲していた青年Aは、このバイトに応募してみた。

アダルトの仕事かもしれない。

そういった警戒はしているものの、ま、それはそれでいいかと楽観的に捉えていた。

何よりお小遣いが今すぐ必要なのだ。

向かった場所はマンションの1室。

予想通りアダルトの仕事であった。

全裸になって部屋で待機してくださいとの指示に従って、部屋で待っていると、若い奥さんが2人組で入ってきた。

若奥さんは着衣で、自分は裸。

この気恥ずかしい状況の中、今日の仕事内容の説明を受ける。

仕事の内容は、

「若奥さんにチンポをいじらせる。」

なんじゃそりゃ?随分と簡単な仕事だ。

過激なプレイも覚悟していたAはほっとした。

「さあ、どうぞいじってください。奥様達。

仕事と割り切って仰向けになって寝転がる。適当に触らせて、向こうが飽きれば終了。何て楽なバイトだ。」

安心と油断の混じった気持ちでAはベッドに転がった。

一方の若奥さんたちは好奇心剥き出しで挑んできている。

じろじろAのペニスを眺め、照れつつもにやにや笑っている。

視線はAのペニスから離れない。

女たちはエスカレートして、徐々に自分のテクニックを披露していく。

手で擦ったり、舌を使って巧みに舐めまわしたり。

テクニックの巧さもそうだが、何よりこのシチュエーションが股間に刺激的だ。

何しろ相手は結婚しているとはいえ同世代の女たちだ。

同じ時期に中学、高校と青春時代を歩み、同じ時代の流行した歌やドラマを見てきた、いわば仲間のような女たちだ。

だから下ネタの話に顔を赤らめたり、くだらない話をするなと怒ったりしている中学生時代の姿を想像できる。

ああ10年くらい前には純情だった女の子が、今は俺のチンポにむしゃぶりついているのか・・・。

ふと郷愁にふけった瞬間に、妙な興奮が襲ってきた。

今、ひょっとしたら俺は同い年の女の子にちんぽをいじられているんじゃないのか?

向こうは服を着ていて、自分は裸。

そして俺はちんぽをビンビンにさせている。

「何て恥ずかしい事をしているんだ!」

Aは急に羞恥心を覚えた。そして直後にこのままいけばどういう事態が待ち受けているか直感した。

「このままいけば俺は同世代の女たちの前で射精の瞬間を見られてしまう。」

「それだけは避けたい。ここはとにかく射精を耐えよう。男の意地で射精を我慢しよう。」



果たして青年Aの運命やいかに。










若い男の射精をみたがる人妻たちシリーズ

結婚、出産、育児。

女性の幸せと喜びを経験し、女性として誇らしい役割を務め、世間から見たら立派な大人の女性。

ただし、これまでの人生では積極的な恋愛の経験は無く、知っている男性の数は僅かだ。

そんな折に若い男性と会う機会を得た。

とあるアダルトビデオの企画に参加しないかと誘われ、それに応じたのだ。

本番プレイは無し。男性のペニスを好きなようにいじる企画だ。

自分の裸を晒すことはしないでよい。男1人に対して女は複数。気持ちの負担は無いといって良い。

ベッドに横たわる男が一人。もう女性たちの好きにしてよいと言われている。

これまで受け身の男と交わった経験は無い。全て男のリードに身をゆだねてきた。

だから何をどうしたらよいか分からない。

だけど色々したい事が頭の中でグルグル回っているから、何もしていないのに全身がカッカしてきた。

視線は部屋の装飾品と男性の股間を行ったり来たりしてしまう。

下着がもっこりと膨らんでいる。自分の下着姿と違う所に興奮してしまう。

スッと男性の下着に手をかけ、その中身をご開陳させていただく。

未知の興奮のストーリが始まった。

街角奥さんシリーズ 若い男の射精をみたがる人妻たち2 48名



本日発売開始の最新作です。

街角奥さんシリーズ若い男の射精を見たがる人妻たち48名

前作です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。